商品レビュー

モバイルSuicaからICカードに戻す方法を探した【作り直すしかない】

  • モバイルSuicaからICカードに戻せるの?
  • ICカードと比べてのメリット、デメリットは?

こんな疑問にお答えします。

タイトル通り『モバイルSuicaからICカードに戻す方法を探しました

この記事では、ICカードに戻せない理由とモバイルSuicaのメリット、デメリットについて実体験を基に紹介します。

この記事を読み終えると、『なるほど、デメリットに気を付ければモバイルSuicaでも良いのか』『自分はこの人と同じなのでICカードでいいや』と自分に合った方を見つけれると思います。

モバイルSuicaに登録するとICカードは・・・

モバイルSuicaのアプリをダウンロードし、開くとSuicaの新規発行または取り込むように指示があります。

ここで取り込みが完了するとICカードの方は使えなくなるのでご注意を

つまり【モバイルSuicaにする=ICカードの情報全てを一つ残らずスマホに移す】ということなのです。

そのため、モバイルSuicaにするかどうかは下のメリットデメリットをよく読んで決めましょう。

登録に関するしいことは、JRのサイトに沿って手順をお進みください。

モバイルSuica:JR東日本(文字をクリックするとサイトへ飛びます)

ICカードへの戻し方は存在しない

ICカードからスマホに情報を送れても、スマホからICカードに情報は送れないので戻すことは不可能なのです。

なので何度も言いますが、スマホにICカードの情報を取り込むとICカードの方は二度と使えません。

新たに駅の券売機で作り直すしかありません。

なぜモバイルSuicaからICカードに戻した?

まず一番の大きな理由として、残高チャージがクレジットカードから行われているということです。

一見、駅の券売機のところにならんでチャージしたり、改札を出る時に残高不足で止められることもないなどの手間が省けて楽だと感じますよね?

ただ、そこが個人的に大きな落とし穴でした。

確かに、駅の券売機に並ばなくてもいいし、残高を気にする必要がないので楽なんですよ。

クレジットカードで使用した分だけ引き落とされるため、お金を使っているという感覚が薄れてしまいました

僕はコンビニでの支払いもモバイルSuicaを使っていたため、現金での支払い時よりも平均的に合計金額が増えていることに気が付きました

現金ならば財布の中身を確認し、それに見合った買い物をしていましたがモバイルSuicaでの支払いでは、支払いの感覚が薄れるため自分の欲しいものをどんどん買っていたのだと思います。

なので、この記事を読んでいる皆様には次の『メリット、デメリット』をよく読んで各自最適な方を選んでいただければと思います。

モバイルSuicaのメリットは?

  • チャージの手間が省ける
  • 残高をすぐにどこでも確認できる
  • 新幹線などの特急券をどこにいても買える

社会人からするとメリットが多いように感じます。

『チャージの手間が省ける』

これは何度も言いますがとても楽です。モバイルSuicaの最大のメリットと言えるでしょう。

『残高をすぐにどこでも確認できる』

これは正確に言うと、ICカードでも可能です。

『ICカード』というアプリをダウンロードして、お持ちのICカードを登録すれば残高、さらには使った区間、値段までわかりやすく表示されます。

『新幹線などの特急券をどこにいても買える』

特急券が窓口に並ばずともスマホ一つで購入できるのはかなりのメリットだと思います。

何せ都市部などでは新幹線の窓口はいつも大行列なので、『乗りたい新幹線にこのままでは間に合わない!』という経験をした方も多いのではないでしょうか?

ちなみにこれは正確に言うとICカードでも可能です。

詳しくは下の記事でどこでも新幹線などの特急券を買える『スマートEX』について書いているのでこちらもあわせてどうぞ。

モバイルSuicaのデメリットは?

  • 金銭感覚が薄れる可能性がある
  • 携帯電話の電源が切れると使えない
  • クレジットカードがないと登録できない

デメリットに関しては人によりますし、各々が意識すれば全く問題の内容に感じます。

『金銭感覚が薄れる可能性がある』

こちらがICカードに戻した最大の理由な訳なのですが、これはクレジットカードにも同様のことが言えますし、自己管理を徹底していればデメリットにはならないように思えます。

スマホの電源が切れると使えない

これは少し怖い部分で、私の友人は終電の中で電源が切れ、改札から出れずに実際に駅で一晩を過ごしたと聞いております(駅員さんが始発まで世話してくれたようですが)

その為、ICカードは紛失しない限り電車に乗れるし、駅からは出られるのでスマホのバッテリー残量は気にする必要はありません。

スマホの電源が切れてモバイルSuicaが使えなくなることを防ぐ3つの方法

iPhoneのナイトモードをONにしておく

LINEや着信、メールやゲームのスタミナ回復など日ごろ多くの通知がスマホには届きます。

その度にiPhoneの画面は点く為、触っていなくても充電は減ってしまいます。

ナイトモードはiPhone画面を下から上にスクロールした画面の中央やや左にあります。

これはON状態ならば通知を画面に表示させない機能で、ナイトモードという名の通り、就寝時に通知音で睡眠が妨げられることを防ぐ機能です。

これをONにしておけば通知が来ても画面には表示されないので、仕事中、授業中などスマホを触らない時のバッテリー節約に最適な機能です。

iPhoneの低電力モードをONにする

低電力モードはiPhone画面を下から上にスクロールした画面の左下にあります。

名の通り、電力の浪費を抑えてくれる機能です。

具体的にはiPhoneの自動ロックまでの時間を短くしたり、スマホ画面の明るさを落としてくれます。

これを使うと使わないとではスマホバッテリーの消費量が段違いなのでおすすめです。

モバイルバッテリーを持ち歩く

一番定番かつ間違いない選択です。

わたし個人が愛用しているのはコストパフォーマンスが高い【Anker社】のバッテリーです。

Amazonが良いもの、売れているとして認定する【Amazon choice】にも数多くの商品が選ばれているメーカーです。

Anker社の中でもおすすめは『Anker PowerCore Fusion 5000』という商品。

充電器一体型となっており、普段は充電器として。お出かけの際はモバイルバッテリーとして。

コンセント付きの新幹線や高速バスで移動の際にはスマートフォン、モバイルバッテリーを共に充電しながらの移動が可能で双方のバッテリー残量を気にする必要はありません。

iphone 11 pro 1回分の充電が可能でパワー的に特別優れている訳ではありませんが、最大のポイントは3000円以下、税込み2899円というコストパフォーマンス。

スマートフォンの充電のみならば十分すぎるモバイルバッテリーなので、値段を考えても持っていて損はない商品です。

この商品のみならずモバイルバッテリーを買うならAnkerをおすすめします。

クレジットカードがないと登録できない

もしこの記事を読んでいるあなたが学生ならば、『クレジットカードを持っていない』という方もいますよね?

モバイルSuicaは仕組みとして、チャージが不要な代わりにクレジットカードから引き落とされます。

つまりクレジットカードを登録しなければ、モバイルSuicaにも登録できません。

『まだクレジットカードを持っていない』

そんな方には楽天カードをおすすめします。

なぜなら、知名度があり入会金・年会費が無料だからです。

さらには新規入会&利用で5000ポイントプレゼントしてくれるのです。

つまり、カードを作り、そのカードでお買い物をすれば5000円分の楽天ポイントがゲットできます。

さらには楽天カードを利用し、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍

また、ポイントはマクドナルド、ココス、くら寿司、ミスタードーナツ、すき家などの多くの加盟店で使える・貯めれるのでお得です。

この機会に作ってみるのも良いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

モバイルSuicaは今後、加盟店も増え普及が進むと思いますし僕も最終的にはモバイルSuicaに戻そうとも思っています。

ただその際は、便利さを優先し必要以上に使いすぎないよう考えて使いたいと思いました。

僕は結果的にICカードに戻しましたが、皆さんには仕組みさえ理解していればスマホ一つで支払いができますし、とても便利だと思います。

この記事を読み自分にモバイルSuicaは合っているなと思った方は、是非登録してみてください。

 

-商品レビュー
-, , , , ,

© 2020 Gaji-log Powered by AFFINGER5