サッカー

清水エスパルス新加入選手、ドゥトラ、福森直也、吉本一謙はどんな選手?

ドゥトラ

プロフィール

No.11

名前:セルジオ・ドゥトラ・ジュニオール

国籍:ブラジル

生年月日:1988年4月25日

年齢:31歳

身長:188㎝

体重:76㎏

ポジション:MF・FW

利き足:右

所属クラブ

サント・アンドレY→サント・アンドレ(ブラジル)→京都サンガ→鹿島アントラーズ→ロケレン(ベルギー)→アルアラビ(カタール)→ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)→アヴァイ(ブラジル)→コリンチャンス(ブラジル)→アルナスル(サウジアラビア)→清水エスパルス

特徴・プレースタイル

Jリーグ好きな方からしたら『ドゥトラ?どっち?マリノス?』となるかもしれませんが、こちらは元京都、鹿島のドゥトラです。

特徴は打点の高いヘディング推進力全開の大股ドリブルです。

清水もかつて京都時代のドゥトラにエグいヘディングを決められています。

それが京都のホーム 西京極で清水が4-2の勝利をした試合です。(オーストラリアンCBエディ・ボスナーが30m以上ある弾丸FKをぶち込んだ試合。)

ボスナーのFKの印象が強く記憶に残っている試合ですが、ドゥトラのヘディングが半端なかったことも覚えていました。

そしてもう一つの特徴が大股ドリブルです。

先ほど載せた動画をご覧ください。

フィニッシュの部分だけではなく、そこまでの過程で自分も関与しつつゴールを目指す能力に長けた選手だと思います。

北川はフィニッシュの部分に長けた選手でしたが、ドゥトラはドウグラス同様、日本でのプレー経験があるため個人の得点よりもチームの勝利を優先させることができる選手です。

福森直也

プロフィール

No.29

名前:福森 直也(ふくもり なおや)Naoya Fukumori

生年月日:1992年8月29日

年齢:26歳

身長:183cm

体重:79㎏

ポジション:DF

利き足:左

所属クラブ

セレッソ大阪JY→金光大阪高→関西学院大→大分トリニータ→清水エスパルス

特徴・プレースタイル

個人的に『福森ほどの選手をここで獲得できるか』という。

昨年の大分の試合はかなり見ていましたし、その中で主力として素晴らしいプレーをしているとも感じてたので。

彼はビルドアップ能力左足のフィードに長けています。

大分トリニータを率いる片野坂監督のサッカーはGKから丁寧にボールを繋ぎ、ショートパスで相手をつり出し、DFラインの裏やサイドのスペースを崩すことに重きを置いています。

その中で福森のビルドアップ能力と正確なフィードはストロングポイントでもありました。

第9節以降、出場機会がありませんが9節までの7試合でスタメンフル出場をしています。

また福森選手が出場した9試合は5勝2分2敗と結果が出ていたので能力に疑いはありません。

突然出場機会がなくなっているので、恐らく戦術的な理由だと推測されます。

左利きのDFは稀少な存在なので清水からすれば素晴らしい補強だと思います。

プレー映像はこちら。


彼の左足に要注目です。

福森直也選手のツイッターはこちら。

吉本一謙

プロフィール

No.4

名前:吉本 一謙(よしもと かずのり)Kazunori Yoshimoto

生年月日:1988年4月24日

年齢:31歳

身長:185㎝

体重:83㎏

ポジション:DF

利き足:右

所属クラブ

FC東京U-15→FC東京U-18→FC岐阜(レンタル)→水戸ホーリーホック(レンタル)→アビスパ福岡(レンタル)→清水エスパルス

特徴・プレースタイル

吉本と言えばレンタルは経ているものの中学生から東京一筋であり、カズの愛称で親しまれている選手です。

なので、今回の完全移籍は東京サポーターからすると驚きとショックがあったと思います。

今季はアビスパ福岡にレンタルで移籍しており、序盤は出場機会に恵まれていなかったものの15節からは1試合を除き、先発フル出場を続けていました。

吉本の特徴はヘディングの強さシュートブロックです。

特にシュートブロックは東京サポーターから『全消し』と呼ばれていたようですね。

現在、清水はリーグワーストの失点数であり、目立つのがシュートに対する寄せの甘さ。

吉本のようなベテラン選手が身体を張ることで若手が多い清水からすれば最高のお手本なのでリーダーシップも含めて期待しています。

吉本一謙選手のツイッターはこちら。





DAZNでJリーグ全試合中継!な、なんと1ヶ月0円のお試しあるよ!

-サッカー
-, , ,

© 2020 Gaji-log Powered by AFFINGER5