サッカー

清水エスパルス 2019シーズン 前半戦レビュー part2

今回はレビューPart2ということで、❷前半戦で見えた収穫 について。

Part1の記事はこちら

前半戦の収穫

さて、前半戦では守備の崩壊という課題が見つかりました。

しかし、同時に収穫も多くあり監督交代はいい方向へ向かっているのでは思います。

ここでは

➊フォーメーションの変更

❷新戦力のフィット

❸ドウグラスの復帰

の3つにフォーカス。

では早速。

フォーメーションの変更

ヨンソン前監督は4-4-2の中盤横並びをメインに使っていました。

篠田体制では4-2-3-1にシステムを変え、2トップの一角であった北川をトップ下に起用。

これまで右サイドには金子が出場していましたが、ここに河井というオプションも増えました。

河井はボランチの選手ですが、高校時代には不動のトップ下として高校サッカー選手権でチームを準優勝に導いています。

素晴らしい頭脳、攻撃のアイデアと高い技術を備えているため周りの選手を使うことに長けています。今後も右サイド起用はあるでしょう。

そして、後半には4-1-4-1に変える傾向にあります。

守備範囲の広いヘナトをアンカーに置き、その前に4枚並べ中央を締めることで相手をサイドへ追いやる形を取ります。

また、4-1-4-1では右サイドに北川を配置したことで、彼の持つスピード。縦への推進力を生かしたドリブルが見れるシーンも増え新たな発見でもありました。

新戦力のフィット

①中村慶太

今季、長崎から獲得したドリブラー。さらにパンチのあるミドルシュートと高精度FK、そして広い視野から繰り出される美しいサイドチェンジを持っています。

ただ、彼自身も話すようにまだまだ本領発揮とは言えず、直近ではスタメンから外れているので後半戦の爆発に期待です。

②西澤健太

筑波大学から加入した大卒ルーキー。清水ユース出身であり、北川などとは同期。

ヨンソン前監督の下では出場機会に恵まれなかったものの、篠田体制での初陣からチャンスを得ると、独特なリズムでのドリブルと精度の高いクロス、そして闘志あふれるプレーで瞬く間にスタメンを勝ち取りました。

横浜FM戦、名古屋戦と2試合連続でロスタイム決勝弾を決めたことでJリーグに大きなインパクトを残しました。

彼のブレイクが後半戦もチームを引っ張るに違いありません。

③エウシーニョ

川崎から獲得した、2年連続ベストイレブンの超攻撃的RB。

開幕当初はコンディションも上がらず、チームスタイルへのフィットにも時間が掛かりましたが現在では攻守に素晴らしいプレーを見せています。

SBらしからぬ攻撃力と推進力を持ち、カットインからのシュートも多い。

守備力を懸念されてはいましたが、その役割を理解し体を張ったり、タイミングのいいパスカットでカウンターの起点になるなど本来の力が見れるようになり素晴らしい補強になりました。

④ヘナト・アウグスト

ブラジルの名門パルメイラスから獲得した守備的MF。

今年の補強の中で一番のサプライズではないかと思います。

合流が遅れたため、開幕当初はコンディションが上がらずベンチスタートでしたが、スタメン起用されると圧倒的な守備力でサポーターを沸かせました。

不動のボランチとなり、彼のディフェンスに助けられるシーンも多く、高さもあるためセットプレー時の脅威にもなっています。

③ドウグラスの復帰

最後は何と言ってもこの選手の復帰でしょう。

不整脈で開幕前に離脱し、チームは大いに苦しみましたが復帰し、徐々にコンディションを上げると同時にチームの調子も上向きました。

彼は現在7試合連続ゴールを記録しています。

これはクラブにとっての連続得点記録レコードであり、J1リーグレコードまであと1点という大記録を更新中です。

また彼は攻撃だけでなく守備にも多大な貢献をし、自らのゴールよりもチームの勝利を願うナイスガイです。

『エスパルスはドウグラスだけ』などの声はありますが気にする必要はありません。

彼に引っ張られるように周りの選手が活躍すればそんな声はいずれ聞こえなくなります。

エスパルスの反撃はまだまだ序章に過ぎないのです。

-サッカー
-,

© 2020 Gaji-log Powered by AFFINGER5