サッカー

バイエルンの7連覇か?ドルトムント王座奪還か?ブンデスリーガ優勝争い!今後の日程まとめ

バイエルンが優勝を争うライバル ドルトムント相手に5発大勝で首位奪取をし、幕を閉じた伝統のデアクラシカー。

直接対決を終え、現在の順位表がこちら

順位 チーム名 試合数 勝ち点
1 バイエルン 28 64
2 ドルトムント 28 63
3 ライプツィヒ 28 55

首位バイエルンと2位ドルトムントの勝ち点は僅かに1ポイント。

おそらくどちらかがポイントを落とせば、順位変動が起こるであろう優勝争い。

また、3位のライプツィヒは勝ち点が8差あるので、優勝の可能性は低いと思われますが何が起こるかわからないので記事の中では載せておきます。

>>>ブンデスリーガ全順位表はこちら

3チームの今後の日程

※キックオフタイムは日本時間

※H=ホーム、A=アウェイ

バイエルン

vs.デュッセルドルフ(A)4/14 22:30

vs.ブレーメン(H)4/20 22:30

vs.ブレーメン(A)4/25 3:45 DFBポカール

vs.ニュルンベルク(A)4/29 1:00

vs.ハノーファー(H)5/4 22:30

vs.ライプツィヒ(A)5/11 22:30

vs.フランクフルト(H)5/18 22:30

ドルトムント

vs.マインツ(H)4/14 1:30

vs.フライブルグ(A)4/21 22:30

vs.シャルケ(H)4/27 22:30

vs.ブレーメン(A)5/5 1:30

vs.デュッセルドルフ(H)5/11 22:30

vs.メンヘングランドバッハ(A)5/18 22:30

ライプツィヒ

vs.ヴォルフスブルク(H)4/13 22:30

vs.メンヘングランドバッハ(A)4/21 1:30

vs.ハンブルガー(A)4/24 3:45 DFBポカール

vs.フライブルグ(H)4/27 22:30

vs.マインツ(A)5/4 3:30

vs.バイエルン(H)5/11 22:30

vs.ブレーメン(A)5/18 22:30

ポイント

・バイエルン、ドルトムント共にCL敗退済み

・バイエルン、ライプツィヒはDFBポカール有

・バイエルン vs. ライプツィヒの直接対決有

・5位グランドバッハと6位ヴォルフスブルクはCL圏内の4位フランクフルトと勝ち点が近いため難敵

・得点王争いも必見(現在1位はバイエルン レヴァンドフスキの21G)

>>>ブンデスリーガ得点ランキングはこちら

まとめ

直近5試合で4勝1分のバイエルンとライプツィヒなのに対し、3勝2分のドルトムント。

少しつまずきが見られるうえに、デアクラシカーでの大敗。

ライプツィヒとしてはまずドルトムントの尾を掴みたいところ。

バイエルンとしてはとにかく勝ち続けることでドルトムントを振り切りたい。

今のサッカーご時世、不可能というものはありません。

ネッシーが実在する。

エルビスプレスリーが生きている。

よりもすごいことが起こる世界です。

サッカーはメンタルスポーツと言われます。

モチベーションひとつで結果や内容ががらりと変わります。

それが優勝争いとなればなおさら。

プレッシャー、ライバル心、悲願、情熱。

そのすべてがサッカーにスパイスを加えます。

普段海外サッカー、Jリーグを見ていて感じるのですが

特にドイツやイングランドのサポーターて勝利しか信じていないんですね。

熱量一つとってもやはり日本とは雲泥の差があると思います。

スタジアムは常に満員。

町が揺れるほどの熱気。

天高くまで鳴り響くチャント。

すべてにおいて生活の一部であり、応援するチームに人生を乗せています。

だからこそ、彼らは応援をやめない。

絶望的な状況であっても自虐やユーモアを交えたチャントで鼓舞する。

そんな文化が、サッカー愛がいつか日本に根付いたらなと。

なので、この先どんなことも起こりえます。

残りの全試合

激戦必須なので目が離せません!!!

>>>プレミアリーグまとめはこちら

-サッカー
-

© 2020 Gaji-log Powered by AFFINGER5